--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2010.09.15(Wed):☆にちじょう☆
古いですがチューリップのサボテンの花という曲が大好きです。
何から何まで好き。メロディも詞もイントロのギターも間奏のピアノまで。
なんか聞いてると学生時代の甘い記憶がよみがえってくるといいますか(ないけど)
最初はバンド名も歌も花の名前で紛らわしいと思ってたんだけど、聞いてみるとこれが涙腺崩壊ソング。
だけどこの歌って当時はいろいろ批判されたらしい。
この歌が出るまでは日本の歌謡界は失恋ソング=暗い曲という掟があった。さだまさしみたいな。
その中この歌がここまでヒットしたのはVoの財津一郎がこれをわざと明るい前向きな歌にしたから。
軽やかなメロディと、失恋しても前を向くというその歌詞は多くのファンの心をつかんだ。
一時期この歌のせいで恋人にサボテンを贈るカップルが急増したらしいし。
でもこの歌はなにかそれ以上に個人的に惹きつけられるものがあるんだよな。
やっぱ歌詞がすごいすきなのかも。冬の情景がすごく思い浮かぶし。雪のように愛が流れるとかすごい。
確かサボテンってでも花咲かせるの難しかった気がする。
でも一生懸命育てたサボテンがやっと花を咲かせるときに君は出て行ってしまったとか失恋の真骨頂ですな。
あれ?俺はなに言いたいんだろうか。

関係ないけどひとつ屋根の下のときののりP(ピィー)は天使。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taikay.blog88.fc2.com/tb.php/266-e2f3cbbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。