--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2011.03.19(Sat):☆にちじょう☆
神様はいない。
自分は確固とした宗教感は持っていない。
もしかしたら、この世に神はいない、ということがそれなのかも知れないが。
とにかくこの世に神様はいない。と思っている。

だからと言って、神を信じる人の人間性まで否定することは絶対にない。
それとこれとは話が違うから。
例えば、僕は貝類が大の苦手だ。
だけど、それを好物としている人をそれで嫌いになるわけがあるはずがない。

そして、話は変わるが、僕の親友は真摯な仏教徒だ。
いつも、ことあるごとに神に祈る。朝起きて祈り、朝食で祈り、玄関で祈り…
彼を見ると、宗教が彼の人生に及ぼす影響は計り知れなく大きいものだと強く思わせられる。

それでも僕は無神論者なのだ。
僕はこんなことをこっちで告白したりしない。
一回軽く晒してみたことはあるけど、なんとなく引かれた。
信じられないというような雰囲気で。あのときの僕はKYだった気がする。

うーん何が言いたいのか。

震災起きてから、その親友からのメール頻度が多くなった。
家族を心配してくれたり、日本を心配してくれたり。
自分を励ましてくれたり、情報を与えてくれたり。
でもメールの語尾はいつも決まっている。
日本は負けない!!頑張れ!!力を貸すぞ!!!
神も見守っているぞ!God bless you(神のご加護がありますように)。

最初はなんとも思っていなかったけれど、何回も何回もこんなメールが来る。
どんなことがあっても、最後には神の息吹で助かるよ。と彼は言う。

それがそのとおりなら、災害って何なんだろう。
自然が僕たちを試すのか?それとも怒っているのか?
何かのメッセージなのか?更なる大災害の予兆なのか?

疑問は絶えず、頭の中を駆け巡っている。

神様って何なんだろう?
災害って何で起こるんだろう?
僕たちは・・・どうやって生きていけばいいんだろう?

ああ、そうか、だから宗教って大切なのか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taikay.blog88.fc2.com/tb.php/409-d42ad126
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。