--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:
2009.07.15(Wed):☆りょこう☆
今日は、ロンドンへと遊びに行ってきました☆

まぁ
遊びって言っても、散髪と、日本食の調達も兼ねてですがw

ロンドンには、やはり、安くて質の高い美容院が
いっぱいありますからね☆

後日本食も安いし♪

まぁしかし
久し振りに行ったんですが
やはりいつも、人の多さ(ほとんどが観光客)にビビるw
後、地下鉄の乗り方も。

俺は田舎もんなんでw

、、、

うん、あとやっぱりロンドンはデカいですよね♪
多分5、6か月ぶり?に行ったんで、迷っちゃいましたw
ピカデリーに行こうと思ったのに、レスタースクエアに出ちゃったりw
トラファルガー広場に行き着いたりw↓
ld1579
↑今日はなんか
オペラハウスの実況を、大スクリーンでしてました☆
高い金だして見るオーケストラを、タダで見れてラッキーだったw

、、、

ここで、ちょっといい話を。


今日、ある広場で、風船を配っているおっちゃんを見た。
風船を子供たちに、勝手に配ってると思いきや
タダってわけではないらしく、一個50p(約75円)で売っている模様。

俺は、その時間、友達と待ち合わせをしていたんだけど
時間もあったし、どんな人が風船買うのか興味があって
少し様子を見てみることにした。

見てると、やはり、買っていくのはみんな観光客ばかり
あー、親が記念に子供に買わせてるんだろうな~と思った。

すると、ある子供たちのグループがやってきた。

みんな一人ずつ、好きな色の風船を選んで買い
そしてうれしそうに、走って去ってゆく。
子供なのにお金持ってるんだな~。と感心していた。

すると、少しして、向こうの方で「パンッ」と割れる音。
なにやら、そのグループの中の一人の女の子が
観光客のグループと衝突して、彼女の風船が割れてしまったらしい。

なけなしのお金で買っただろうに。
かわいそうだな。と思っていると。

風船のおっちゃんが、彼女のそばに寄り添って
「はい、これ」と、さっきと同じ色の風船を、笑顔で差し出していた。

とたんに、泣き顔が笑顔に変わる彼女。
そして、微笑みながら、おっちゃんに「Thank you」の一言。

「You are welcome」と、女の子の頭をポンとするおっちゃん。

、、、

色々な国籍が混じり、せわしなく流れるロンドンの雑踏。
自分の横を、何十人、何百人が無言で過ぎ去ってゆく人混みの中で
その光景が、なんとなく俺には、対照的に、新鮮に

そして微笑ましく思えた。


、、、

そして、なんでだろう
なんか俺までうれしい気持ちになった☆

いくら忙しくて、きつくても
そういうやさしさは、絶対忘れちゃいけないと思った。

「Thank you, おっちゃん!」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://taikay.blog88.fc2.com/tb.php/79-9dc6c206
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。